読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝の一汁一菜 no.2

f:id:miso-soup-today:20170315164214j:plain

【ご飯と味噌汁と常備菜の組み合わせ】

●押し麦入りご飯

●はくさいたっぷりの味噌汁

●ごぼうとにんじんのきんぴら

 

ご飯は、昨夜の冷やごはんです。

味噌汁には、はくさいをたくさん入れました。

はくさい一種類だけでも、

たくさん入れると満足感があります。

あと、きんぴら

きんぴらごぼうは、冷凍していたもの。

冷蔵保存をよく聞きますが、

冷凍もできて、

冷凍保存だと2週間持つと聞いて、

よくしています。

 

◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯

 

f:id:miso-soup-today:20170315174854j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の一汁一菜

f:id:miso-soup-today:20170315121853j:plain

【ご飯と味噌汁と卵のおかずの組み合わせ】

●玄米ご飯

●具だくさんの味噌汁

●目玉焼き

 

 

玄米ご飯は、

昨夜炊いたのの冷やごはんを、

電子レンジであたためました。

味噌汁も、昨夜の残りものです。

水を足して沸かし直しました。

味噌が薄い分は、

醤油を足して補うと整います。

あとは、卵を焼いて終わり。

 

こんなのでも十分。

 

 

 

 

 

二月の一汁一菜5【炊き込みご飯と味噌汁と焼き魚】

f:id:miso-soup-today:20170227175220j:plain

【炊き込みご飯と味噌汁と焼き魚の組み合わせ】

●生姜ごはん

●具だくさんの味噌汁(新たまねぎ、新じゃがいも、だいこん、こまつな)

●焼き魚 鮭

 

 

理研究家の土井善晴先生を手本に、

一汁一菜を作りました。

「炊き込みご飯にしたときには、

ご飯の中におかずが一品入っていると考えて、

味噌汁は具の少ないさらりとしたものでよいのです」

ということです。*1

炊き込みご飯といっても、

今日は、生姜だけですから、

野菜を何品か入れた味噌汁にしました。

新たまねぎ、新じゃがいも、だいこん、こまつなを入れました。

春の食材の新たま、新じゃがに、

冬のだいこん、こまつなで、

季節の変わり目のこの時期らしい味噌汁です。

 鮭を焼きましたから、

味噌汁にたんぱく源は、

入れませんでした。

 

 生姜ごはんは、

千切りにして約1.5センチ幅に切った生姜と、

醤油を入れて炊きました。

おいしかった。

よかったよ。

 

 ◯  ◯  ◯  ◯  ◯  ◯

 

f:id:miso-soup-today:20170311094040j:plain

  梅を見に行きました。つぼみがかわいい。

 

*1:『一汁一菜でよいという提案』土井善晴・著より

二月の一汁一菜4【ご飯と具だくさんの味噌汁と肉のおかず一種】

f:id:miso-soup-today:20170227175152j:plain

【ご飯と具だくさんの味噌汁と肉のおかず一種】

 ●玄米ご飯

●具だくさんの味噌汁

(新たまねぎ、新じゃがいも、すじなしいんげん、だいこん、さくら海老)

●豚肉の生姜焼き

 

理研究家の土井善晴先生を手本に、

一汁一菜を作りました。

「一汁一菜は、ご飯と味噌汁(おかずを兼ねる具だくさんのもの)が主体です。

一汁一菜におかずが一つつけば一汁二菜

二つつけば一汁三菜です。

その時の味噌汁は、具の種類を減らしてバランスを取ります。

作ったおかずに足りないものを補うということでよいでしょう。」

 ということです。*1

今日は、肉のおかずを作りました。

ですから、味噌汁は野菜の味噌汁です。

具は、新たまねぎ、新じゃがいも、すじなしいんげん、だいこん、さくら海老です。

さくら海老からおいしいだしが出ました。

具にさくら海老を加えると、

あえてだしをとる必要がありませんから、

都合もよし、です。

新たま、新じゃが、いんげんの春の食材に、

冬のだいこんが入り、

季節の変わり目のこの時期らしい味噌汁になりました。

日ましに春めいてきています。

でも、今日は寒かった。

寒い日には、

豚肉をよく生姜焼きにしています。

今日も、生姜焼きー。

 

◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯

 

エッセーのようなもの

 

・昼のワイドショーで、WBCのニュースをやっていた。そこで話されていたのが、打順がどうのこうのだとか、予選突破の後のこととかだった。結論がないまま、ああでもないこうでもないと話していたのだった。WBCは始まったばかりで、1次リーグの第1戦が終わった次の日のワイドショーでのことだ。日本は試合に勝った。

何が言いたいのかまるでわからなかった。何も産まないことを話して、議論しているように装っているだけなのだ。このワイドショーは、明日なくなっても困らないものだ。くだらない話なら、井戸端会議とかみんなしてるじゃない。くだらない話は要らないの? くだらない話も、気持ちがほっこりしたり、楽しくなるものなら、明日なくなったら困るものだ。明日なくなっても困らないことを話している出演者に高い出演料が支払われていることも、また、おかしいなあ。例えば、介護職は、明日なくなったら困るものだけれども、対価は低い。エンターテイメントのすべてを否定しているわけでは決してない。エンターテイメントも、人が喜んだり、ワクワクしたり、楽しみを与えるものはたくさんある。それなら、その対価は当然だろう。どんなことでも、光が射す方に向かっている行為には、対価もそれに見合ったものであるべきだよね。

*1:『一汁一菜でよいという提案』土井善晴・著より

二月の一汁一菜3【丼物と汁物】

f:id:miso-soup-today:20170227175059j:plain

【丼物と汁物の組み合わせ】

●牛丼

●すまし汁

 

 

理研究家の土井善晴先生を手本に、

一汁一菜を作りました。

「炊き込みご飯にしたときなどには、

ご飯の中におかずが一品入っていると考えて、

味噌汁は具の少ないさらりとしたものでよいのです」

ということです。*1

今日は、牛丼ですから、

野菜を何品か入れた味噌汁にしようと思いました。

三つ葉、すじなしいんげん、だいこん、わかめの味噌汁です。

でも、三つ葉を入れる段になって、鍋に入れたら、

三つ葉の香りがふわっと立ちのぼって、

すまし汁にした方がおいしそうでした。

最近は、一汁一菜といえば、

ご飯と具だくさんの味噌汁という型が常になっていたから、

すっかり、わたしのあたまは、味噌汁を作ることでした。

味噌をとくのをやめて、

だし汁で煮ていたところに、

醤油と塩で味つけしました。

 

ご飯にのせた牛肉煮は、

牛肉と新たまねぎを砂糖と醤油で煮ました。

新たまねぎの、甘くて、柔らかかったこと。

 

今日は、新たまねぎ、三つ葉、いんげんの、

三つの春の食材を使いました。

すぐそこまで春が来ているのを感じます。

 

◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯

 

エッセーのようなもの。

 

・宅配便の取り扱い個数が増えているそうだ。再配達件数も相当数だそう。ニュースで実際の数値が明らかになっていた。

宅配便のドライバーさんたちが、笑顔じゃない、光の射す方に顔が向いていないのだから、今の流通システムは、光の射す方へ改善されるべきものなんだね。わたしにできることはなんだろう。流通の環境が整うまで、無駄なネット注文をしない。必要な分だけにするように心がけよう。ネット注文を控えよう。お店で選ぶ、という楽しみも味わおう。

 

 

 

 

*1:>『一汁一菜でよいという提案』土井善晴・著より

二月の一汁一菜2【ご飯と具だくさんの味噌汁と肉のおかず一種】 

f:id:miso-soup-today:20170313152400j:plain

<具だくさんの味噌汁>

豆腐、はくさい、しめじ、にんじん、いりこの味噌汁

 

 今日のうちの一汁一菜は、

ご飯と具だくさんの味噌汁と豚肉の生姜焼き。

理研究家の土井善晴先生の、

「一汁一菜でよいという提案」を参考に、

ご飯とおかずを兼ねる具だくさんの味噌汁の

一汁一菜を作りました。

一汁一菜におかずが一つつけば、一汁二菜

二つつけば、一汁三菜。

おかずを作ったときは、味噌汁の具は、

作ったおかずに足りないものを補う、

ということでいいそうです*1

今日は、豚肉の生姜焼きを作りました。

肉のおかずだから、

味噌汁は、野菜の味噌汁。

具は、はくさい、しめじ、にんじんです。

豆腐も入れました。

いりこは、だしと具を兼ねています。

ここのところ、寒いので、

豚肉というと、生姜焼きにしてしまいます。

生姜パワーで、体があったまるといいな。

 

 

 

 

 

*1:『一汁一菜でよいという提案』土井善晴・著より

二月の一汁一菜 1 【ご飯と具だくさんの味噌汁と焼き魚】

f:id:miso-soup-today:20170225161712j:plain

●玄米ご飯

●具だくさんの味噌汁(だいこん、にんじん、ねぎ、まいたけ、油揚げ)

サヨリの塩焼き

 

 うちの今日の一汁一菜は、

ご飯と具だくさんの味噌汁と焼き魚。

理研究家の土井善晴先生の、

「一汁一菜でよいという提案」を参考に、

ご飯とおかずを兼ねる具だくさんの味噌汁の

一汁一菜を作りました。

一汁一菜におかずが一つつけば、一汁二菜

二つつけば、一汁三菜。

おかずを作ったときは、味噌汁の具は、

作ったおかずに足りないものを補う、

ということでいいそうです*1

今日はスーパーで、旬のサヨリを見つけました。

サヨリは塩焼きにして、

魚のおかずだから、

味噌汁は、野菜の味噌汁です。

具は、だいこん、にんじん、白ねぎ、まいたけ、油揚げにしました。

まいたけと油揚げからおいしいだしが出て、

削り節からとるだし汁は、いらず、でした。

*1:『一汁一菜でよいという提案』土井善晴・著より。